メイン

テクノロジー アーカイブ

2007年9月11日

FeliCaと電子マネーまとめ

ソニーの開発したFeliCa技術を用いた各種電子マネーおよびサービスを適当にまとめてみるテスツ

随時更新予定。

2008年11月 3日

いつはちゃんまとめ

グーグル検索結果第2位(2008/09/13現在)記念w

公式

NEC得選街

デスクトップマスコットができたらしいです。要Adobe AIRランタイム。

いつはちゃんデスクトップキャラクター

ニュースサイト記事

AKIBA PC Hotline! Junk Blog.: NECサーバの新チラシが配布開始、魔女っ娘メイドバージョン

AKIBA PC Hotline! Junk Blog.: 帰ってきたドジっ娘メイド“いつはちゃん”、でも……

AKIBA PC Hotline! Junk Blog.: ドジっ娘メイドがNECサーバの新キャラに

個人サイト・ショップの記事

描いてみた

続きを読む "いつはちゃんまとめ" »

2009年5月 9日

公衆無線LANサービス 適当なまとめ

サービスの一覧

固有のアクセスポイントをもつ業者

携帯電話だとMNOに該当するプロバイダ

ホットスポット
NTTコミュニケーションズ
フレッツ・スポット(NTT東) (NTT西)
NTT東日本・NTT西日本
Mzone
NTT docomo
BBモバイルポイント
ソフトバンクテレコム
livedoor Wireless
ライブドア
fon
fon Japan(日本国内において)

固有のアクセスポイントをもたない業者

他社のサービスと提携するかたちでサービスを提供している。携帯電話におけるMVNO業者のような感じ。

ワイヤレスゲート
トリプレットゲート
b-mobile
日本通信

続きを読む "公衆無線LANサービス 適当なまとめ" »

2009年5月21日

不良セクタのあるハードディスクとかのイメージをとる

dd if=(/dev/zero) of=(/dev/null) ibs=512 obs=65536 count=(LBA) conv=sync,noerror

/dev/zeroとか/dev/nullとかLBAとかは環境にあわせた値を入力してあげてください。

あと、Windows上でやる場合は、Cygwinを使うといい。それから、Windows上から物理ドライブまるごとdumpする場合、NT系限定だがAdministratorで、「\\.\PhysicalDrive?」とするといい。あとはぐぐれ。

参考

不良セクタのあるHDDのバックアップができるソフト(もしくは方法)を教えて下さい。 - Yahoo!知恵袋 - http://www.otsune.com/diary/2005/04/11/4.html

void GraphicWizardsLair( void ); // クラッシュしたHDDをddでコピーするときは「ibs=512 obs=65536」と読み書きブロックサイズを分けて指定すると速くなる

2002/11/07 自宅(1) 「復活の日: FreeBSD ディスククラッシュ事件総括」

dd conv=sync,noerror

続きを読む "不良セクタのあるハードディスクとかのイメージをとる" »

2009年6月21日

2chトリップの新仕様

342 :root▲▲ ★:2009/06/19(金) 12:57:24 ID:???0 ?DIA(102777)
    >>327 は #$ の記述がちと紛らわしいな。
    これでいい気がする。

1. #(12文字以上) で新仕様発動、 #(11文字以下) は従来通り

1) そのうえで ## #$ は特別な意味を持つ
1a)
- ##(8文字分の16進ASCIIコード) で、「ASCIIコードによる直接入力」により文字列を設定可能
- ##(8文字分の16進ASCIIコード)(0~2桁のsalt) とすることにより、saltをも設定可能
- 上記では「従来アルゴリズム」により、10桁のトリップを生成
- 上記以外の ##(11文字以上) は将来の拡張のために予約、現在は何を指定しても ◆??? 表示
1b)
- #$(11文字以上) は将来の拡張のために予約、現在は何を指定しても ◆??? 表示

2) 上記以外の #(12文字以上) では「新アルゴリズム」により、12桁のトリップを生成

3) # の後は1024文字まで指定可能

【堅牢】トリップの新方式を考えてみませんか【互換性】

2009年7月19日

BonDriver_Spinelの導入

すでにBonDriverによる視聴・録画ができる環境があることが前提です。

必要なファイルの入手

BonDriver_Spinelでググりましょう。

ファイルの配置

  1. 適当なフォルダをつくり、Spinel一式を展開。

  2. 同様にBonDriver_Spinelも作業用ディレクトリに展開。

  3. 使用しているBon系ツールのBonDriverディレクトリからSpinel経由にしたいデバイスのBonDriver一式をBonDriver_Spinelを置いたディレクトリにコピー

    PT1の場合は、[BonDriver_PT1-T.dll]を[BonDriver_PT1-T0.dll][BonDriver_PT1-T1.dll]として、[BonDriver_PT1-S.dll]を[BonDriver_PT1-S0.dll][BonDriver_PT1-S1.dll]としてコピーし、[BonDriver_PT1-ST.ini]と[PT1Ctrl.exe]のコピーも忘れないこと。

  4. Bon系ツールのBonDriverディレクトリに、[BonDriver_Spinel.dll][BonDriver_Spinel.dll.ini]をチューナの台数分コピー、使用するチューナにあわせてリネーム。(例 [BonDriver_Spinel_HDUS0.dll][BonDriver_Spinel_HDUS0.dll.ini])このとき、iniのファイル名は[DLLのファイル名+.ini]とすること。

設定

  1. [BonDriver_Spinel_*.dll.ini]を開き、AddressとTunerPathを適切に設定する。TunerPathはSpinelを起動させれば確認できます。必要に応じてほかのオプションも変更してください。

  2. Bon系ツールの設定をします。EpgDataCap_Bon環境下では、配置したBonDriver_Spinelに対しチューナ1台を指定すること。

あとはSpinelを起動し、Bon系ツールで視聴や録画ができれば( ゚Д゚)ウマー

BonDriver配置例

PT1+HDUS+EpgDataCap_Bon

.\EpgDataCap\BonDriver\BonDriver_Spinel_HDUS0.dll

.\EpgDataCap\BonDriver\BonDriver_Spinel_HDUS0.dll.ini (TunerPath="HDUS/0/Terra/0")

.\EpgDataCap\BonDriver\BonDriver_Spinel_PT1-T0.dll

.\EpgDataCap\BonDriver\BonDriver_Spinel_PT1-T0.dll.ini (TunerPath="PT1/0/Terra/0")

.\EpgDataCap\BonDriver\BonDriver_Spinel_PT1-T1.dll

.\EpgDataCap\BonDriver\BonDriver_Spinel_PT1-T1.dll.ini (TunerPath="PT1/0/Terra/1")

.\EpgDataCap\BonDriver\BonDriver_Spinel_PT1-S0.dll

.\EpgDataCap\BonDriver\BonDriver_Spinel_PT1-S0.dll.ini (TunerPath="PT1/0/Satellite/0")

.\EpgDataCap\BonDriver\BonDriver_Spinel_PT1-S1.dll

.\EpgDataCap\BonDriver\BonDriver_Spinel_PT1-S1.dll.ini (TunerPath="PT1/0/Satellite/1")

2010年2月 2日

TCPパケットがルータで蹴落とされた件まとめ

経緯

  1. Ubuntu Serverをルータにしているが、再起動をかけたらNAT下ノードからnicovideo.jpとかにつながらない/(^o^)\ナンテコッタイ
  2. Wiresharkで覗くと"Previous segment lost"のWarning吐きまくってる
  3. ぐぐるとNAT越しで見えないWebサイトが発生 - B忘log - Hi-LoのBlogがヒット
  4. ダウンタイムを抑えるために予備のBBR-4HG(この娘すごい落ちる[スループット的な意味とPASVモードのFTPサーバを通すと落ちる的な意味で]んだけど)を用意しつつ先述のWebページをもとに対策を施す
  5. ( ゚Д゚)ウマー

というわけで、こっちでホストしていたサイトが一部つながらなかったのでした。すんません。

対策

iptables -A FORWARD -p tcp --tcp-flags SYN,RST SYN -j TCPMSS --clamp-mss-to-pmtu

これでJumbo FrameをNAT下で使っても問題なくなったよ。やったね!

2010年2月 3日

NAT下からNATに割り当てられているグローバルIPを叩けるようにしてみる

BUFFALOのBBR-4HGでは、NAT下からNATのWAN側IPをたたいたときでも外部からアクセスしたときとかわりなくルーティングしてくれるんだけど、iptablesでやるとこんなに汚いのがわかった。

元ネタ: DNATターゲット

まとめると、こんな感じか。

  • iptables -t nat -A PREROUTING -p [プロトコル] -d [おそとのIP] --dport [おそとから叩かせたいポート] -j DNAT --to-destination [飛ばす先]
  • iptables -t nat -A POSTROUTING -p [プロトコル] --dst [飛ばす先] --dport [おそとから叩かせたいポート] --src [膣内のIP範囲] -j SNAT --to-source [NATの内側IP]
  • iptables -t nat -A OUTPUT --dst [おそとのIP] -p [プロトコル] --dport [おそとから叩かせたいポート] -j DNAT
  • この下はnatテーブルじゃなくてfilterテーブルなことに注意

  • iptables -A FORWARD -d [飛ばす先] -p [プロトコル] --dport [おそとから叩かせたいポート] -j ACCEPT

無論、いったんパケットはルータに流れてそこからサーバに流れるので、効率は落ちる。これはDynamic DNSの試験に使うといいよ。だって、hostsに手書きしたり、DNSMasq使ったり、あまつさえ専用のDNSサーバ立てるの面倒でしょ……。え、こっちのほうが面倒だって? それは知らないよ。

あ、動的IP環境だとおそとのIP取るの面倒か。ifconfig ppp0の結果をsedとかawkとかperlとかrubyとかで処理すりゃいいんじゃないかな、かな?

目標はlinux-igdに同様のルールを追加させることだ……。

2010年2月11日

Windows 7をボリュームライセンスで買ってみた(予定地)

経緯

きっかけは以下の記事。

【PC Watch】 意外に安い? ボリュームライセンスでWindows 7を導入する

【PC Watch】 続・意外に安い? ボリュームライセンスでWindows 7を導入する ~SA特典に関する訂正とQ&A

ちょうどWindows 7マシンを新規に組んで、それから出先で腰を落ち着けて作業するためのThinkPad R60をWindows 7にアップグレード、それならL+SAでちょうど3本だしよくないか、ということで、ためしに買ってみることにした。

購入手続き

2010年3月19日

Apache httpdのコンパイル リバイバル

Visual Studio 2008 Professional環境でコンパイルしなおしてみたのでまとめますね。

参考:WindowsでApache2とOpenSSLをコンパイルする

必要なもの

準備

適当な作業フォルダを作成し、Apache httpdのソースを展開、srclibにzlibのソースとopensslのソースのフォルダを作成して展開。

OpenSSL

参考サイトのとおり。要はVisual Studio 2008の環境変数をセットして、Configure一式をperlにかけて実行、nmakeでビルド。

Apache本体

これまた参考サイトそのまま。Makefile.winという便利なものがあるのでそいつを利用。

VC++ Toolkit 2003環境から比べるとすっごい楽になった。何も考えなくてもいいもん。

2009/08/23追記: httpd 2.2.13にすると、なんかmod_dbmをコンパイルしようとしてこけるので、コンパイルしないように指定するか、gdbmを放り込んでコンパイルが止まらないようにしよう。gdbmを投入して黙らせる方法は以下。

  1. gdbm展開先ディレクトリ(以下<gdbm>とする)にあるwin32ディレクトリに移動し、Visual Studio 2008の環境変数を設定(もしくはスタートメニューからVisual Studio 2008 コマンドプロンプトを開き<gdbm>にあるwin32ディレクトリに移動

  2. nmake -f Makefile

  3. <gdbm>\win32\shlib にgdbm.libができているはずなので、httpdソース一式のsrclib\apr-util\dbmにlibgdbm.libとしてコピーしとく

  4. srclib\apr-util\includeあたりに<gdbm>\win32\gdbm.hをコピー

  5. nmake -f Makefile.win _apacherとしてエラーが出なければ( ゚Д゚)ウマー

2010/03/19追記

2.2.15でまたビルド通らなくなったので、"set NO_EXTERNAL_DEPS=1"を事前定義してください。

参考:VCでapacheをビルド中のトラブル - Seionの私的メモ

できたバイナリ

ここらへんにおいておきますね。

続きを読む "Apache httpdのコンパイル リバイバル" »

About テクノロジー

ブログ「S.A Studioのメモ帳」のカテゴリ「テクノロジー」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリはアニメです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。