« NAT下からNATに割り当てられているグローバルIPを叩けるようにしてみる | メイン | Eee PC 901-Xのメモリ換装 »

Eee PC 901-XのSSD換装

写真は後日。張りました。(2010-02-05 01:04:42 JST)

ショート基盤の換装はここでは扱いません。以下のページを参考にして気合でなんとかしてください。

x-gadget:blog - 「BUFFALO SHD-DI9MをEee PC 901-Xへ装着する」を公開

Eee PC 901-Xのロング基盤SSDをFPM32GLSEへ換装してみる

  1. 当然ですが、ACアダプタ、バッテリーははずしておきます。

  2. まず、裏ぶたのねじ(2箇所)をはずします。この写真にはありませんが、封かんシールが貼られていると思いますので、丁寧にはがします。

    eeepc_reverse_side.jpg
  3. 次に、カバーをはずします。ここまではメモリ換装と同じ手順です。

  4. ロング基盤のSSDはすぐ見えると思いますので、そいつのねじ(2箇所)をはずします。

    eeepc_backcover_opened.jpg
    eeepc_longssd_detached.jpg
  5. 基盤を引きずり出します。

  6. 向きを合わせてFPM32GLSEを入れます

    eeepc_fpm32glse_settlement.jpg
  7. ねじで固定します。

    eeepc_all_changes_settled.jpg
  8. 裏ぶたを閉め、ネジで固定し、必要に応じて封かんシールを貼ります。

これでeeeUbuntuと共存させるのが楽になりました。

論理的な接続位置について

ショート基盤 SATA プライマリマスタ

ロング基盤 SATA プライマリスレーブ

ショート基盤 E-IDE セカンダリマスタ

ロング基盤 E-IDE セカンダリスレーブ

よって、ロング基盤のほうをSATAにすると、スレーブにつながるというなんとも気持ち悪い仕様。あとディスク認識順は当然ながらPM PS SM SSなので、Windowsの「ディスクの管理」で表示される順序も逆になります。

改版履歴

初版
2009-07-19 22:00:20 JST
第2版
2010-02-05 01:04:42 JST 画像追加

About

2010年2月 5日 01:04に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「NAT下からNATに割り当てられているグローバルIPを叩けるようにしてみる」です。

次の投稿は「Eee PC 901-Xのメモリ換装」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

このサイトは、S.A Studioの中の人の備忘録です。別名をまとめサイトといいます。

このサイトに記載されている事象・事項などはすべて各エントリの更新時点での情報に基づいています。最新情報が反映されていない場合がありますので、利用前に各種情報源で最新情報を得ることをおすすめします。

このサイトに記載されている事象・事項などについて、筆者は内容の保証をしておりません。利用の際には十分お気をつけください。