メイン

トランスコード アーカイブ

2008年3月12日

H.264動画のつくりかた

このエントリはまだ書きかけです。過度な期待はしないでください。

ちょっとpreのテスト - カーリアの日記@Alice::Diary

shunirr.org - フリーソフトだけで出来る!話題のH.264動画の作り方に絶望した!

フリーソフトだけでできる!話題のH.264動画の作り方 二十歳街道まっしぐら

例:hoge.wmvをfuga.mp4に変換する。動画ビットレートは400kbpsで音声ビットレートは64kbps AAC-LCみたい

ffmpeg -i hoge.wmv -vcodec h264 -b 400k -acodec aac -ac 2 -ar 48000 -ab 64k fuga.mp4

2009年4月 9日

俺的ISDB-T MPEG2-TSの変換と活用

12セグメントの映像・音声

とりあえず以下の方法でカット編集・画質調整などしてH.264+AACなMPEG4にしてます。

いるもの

  • TSSplitter

  • BonTSDemux

  • FakeAacWav

  • AviUtl

  • MPEG-2 VIDEO VFAPI Plug-In

  • Lanczos 3-lobed 拡大縮小プラグイン

  • 逆テレシネプラグイン

  • x264出力(mp4/mkv)プラグイン

  • そのほかAviUtlで使いたいプラグイン適当に

  • AviSynth

実際のトランスコード手順

  1. 必要なサービスをTSSplitterで分離する

  2. BonTSDemuxで映像と音声を分離

  3. FakeAacWavで音声をPCM Waveに偽装

  4. AviUtlで読み込ませて適宜編集する。ダウンコンバートはLanczos 3-lobed 拡大縮小使ってる。いまのところロゴデータを集めていないので局ロゴ(ウォーターマーク)除去はやってないがそのうち導入する。あとインターレース解除は逆テレシネプラグイン使ってる。これらはすべて暫定運用なので、適宜見直す予定。

  5. 音声を分離してx264出力(mp4/mkv)プラグインで吐き出す。音声を出力しない設定だとavs2wavがコケるが少なくともうちの環境では無問題。

  6. 音声をFakeAacWavで戻す

  7. mp4boxでMuxする。このときx264出力でSARの指定を間違えてもリカバリーできる。

ワンセグの映像・音声

基本的にトランスコードしない。ワンセグMP4を直接再生できない機器の場合、NHKワンセグ2を除いて現状サイマル放送ばっかなので、上記の12セグの方法で機器に見合った設定でエンコードしたほうがよい。

必要なもの

  • TSConverter

  • TSSplitterもしくはtsselect(もしうまく抽出できない場合)

  • AviUtl

  • MP4Plugin by seraphy

実際の手順

  1. TSConverterで生tsからワンセグMP4を搾り出す。出てこない場合は事前にTSSplitterで分離すること。MXのワンセグ2サービスは知らないから適当にtsselectで抜き出すこと。

  2. AviUtlでカット編集。AviUtlの「表示」メニューから「ソースファイルのキーフレーム表示」にチェックを入れとくと作業がはかどる。

  3. カット編集する。なお、カット範囲はキーフレームから始まるようにしておくこと。

  4. 切り出したデータを「ファイル」「エクスポート」「MP4 Export」とやってあたらしいMP4ファイルに吐き出す。

データ放送とか字幕とか

データ放送はBMLパーサとレンダラを書かないといけないしいまやってる人はいるけど少数なので活用しようがありませんね。字幕は一応吐き出すツールがあるらしいですがまだ試していません。

続きを読む "俺的ISDB-T MPEG2-TSの変換と活用" »

About トランスコード

ブログ「S.A Studioのメモ帳」のカテゴリ「トランスコード」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリはデジタルガジェットです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。